サプリメントの効果が出ないという前に考えるべき二つのこと

MLM サプリメント

サプリメントを飲んでいる8割の人が
思ったほどの効果がないと感じているという
統計が出ています
これを知らないと、いくらサプリメントを飲んでいても
効果を出す事はむずかしいのです
ここでは、そのポイントについてお伝えします


理想的なバランスは1975年当時の食事だった!


こんな話を知っていますか?

1975年当時の日本の一般家庭で食べられていた食事を
粉末状にしてマウスに8か月間食べさせたところ、
内臓脂肪や血中コレステロールに変化が見られ、低い値に
落ち着いたそうです。

また、肝臓での脂肪の分解度も高く、ストレスを低下させる
効果があったとか。

高度成長期生まれの私からすれば、昭和30年代が最強の日本食では
と思うのですが、そうでもないんです。

戦後20年くらいまでは豊かになったとはいっても
まだまだコメの消費量が多く、おかずも塩分の多い漬物とか
干し魚とかが主流だったんですね。

1975年当時はマクドナルドなどの欧米型の食生活がはやり始めたとはいえ
一般家庭のテーブルには理想的なメニューが並んでいたわけです。

当時は一汁三菜、炭水化物、ビタミン、たんぱく質を三度の食事でバランスよく
取ることができたのです。

ハンバーガーやピザなど脂質の多い食事も食べ始められていた反面、
日常的にはこんな食事で健康をしっかりカバーしていました。


MLM サプリメント

食生活の乱れをサプリでカバーしている現代人

急速な食生活の変化の中で、今や食品から完全な栄養素を
とることは難しくなり、サプリメントの存在を知らない人は
いません。

でも、思いのほかその歴史は浅く、日本でのサプリメントは
厚生省(現厚生労働省)の規制もあって、1970年代後半ばころまで、
なかなか日本には定着しませんでした。

その後ビタミンブームが訪れ、ネットワークビジネスによって、
アメリカのサプリメントが紹介されたことにより
サプリメントを使った健康法が広まっていったのです。

2012年の内閣府の消費者調査によると日本人の6割は
サプリメントを飲み、そのうち50代の3割は毎日摂取。
毎日飲んでいる人の目的の大半が健康や体調の維持だったそうです。

最新の調査では2016年度の健康食品市場規模は前年度比100.9%の7500億円。

他の業種が伸び悩んでいる中、これは凄いことです。

しかし・・・

2012年の消費委員会の調査によると興味深いのは
健康食品を利用している人の8割が思ったほどの効果はなかったと
思っていること。

何を参考に製品を選んでいるかといえば、ランキングサイトの口コミ
さらにキャンペーンや割引情報も多い選択肢のひとつでした。
また、特定保健用食品とサプリメントが混同されているという事実も
この調査でわかりました。

特定保健用食品とは
消費者庁が許可して、効能効果を表示することのできる食品。
しかし、日本ではサプリメントや健康食品も食品の扱いを
受けることが多いことから、混同される。


サプリメントは単体の栄養素でとっても意味がない



50代になるとロコモティブ症候群と言って、関節や筋肉の
衰えが気になりますが、それを改善するのにカルシウムが良いと言われます。

ですが、このカルシウムは、この栄養素のみで摂っても意味はありません。

ビタミンD、たんぱく質、マグネシウムとともにバランス良く摂ることで
身体への吸収力が高まるのです。

特にビタミンDは日光にあたることで生成されると言いますから
カルシウム摂取とともに運動が必要と言われるのはこのためです。

ですから、

1975年当時の食事のようにあくまでもバランスよくとることが
大事なのです。

サプリメントはひとつの栄養素だけ摂取しても意味がない

これが第一のポイントです。

そして、サプリメントの働きがうまくいくためにもうひとつ
一番重要な事があるのです。

細胞が元気でないとサプリメントは吸収されない?



活性酸素という言葉を聞いたことがあると思います。

最近では特にこの活性酸素に対する関心が高まり、
研究がすすめられています。

活性酸素の中には「フリーラジカル」といって老化や
病気を引き起こす原因になる種類のものがあります。

大気汚染、食品添加物、ストレスなどで私たちの細胞は
日々、傷つけられています。

女性の場合、女性ホルモンと細胞の働きは関係が深く、
加齢とともに女性ホルモンが減ると、シミ、しわ、肌荒れだけに
とどまらず、日常生活にも影響がでるほど不快な症状に
なやまされることもあります。

活性酸素を除去すると謳っている商品はたくさんありますね。

一時期、活性酸素を除去すると言ってもてはやされた水素水も
まだ、科学的根拠が完全にしめされたわけではありません。

からだの源である細胞の働きを高めない限り、
目の粗いザルでお米を洗っているようなもので、
栄養をとりこぼしてしまうのです。

生きた細胞を実際に保護する抗酸化作用の強い製品を選ぶ必要が
あります。


つまり、サプリメントの効果を考える基準として

・サプリの中に栄養がバランスよく含まれているか
・抗酸化作用のある製品なのか

ということが大事な決め手となるのです。



ランキングサイトやキャンペーンで何となく、効きそうだから・・・
ではなく、サプリメントの費用対効果を本気で考えてみませんか?


費用対効果は抜群!それ以上の製品で健康と経済力の両方を手に入れることは可能です!

MLMサプリメント
資料請求


a:44 t:1 y:2